マフラーを空港のセキュリティーチェックの場所に忘れてしまい後悔をしています。

一寸肌寒いと、首にマフラーをするのが好きなので、海外旅行の時もお気に入りのマフラーを巻いていました。
海外から日本へ帰る時の空港でのセキュリティーチェックで、首の巻き物も取るように言われ、全て終わって飛行機を乗るゲートまで行きました。
その時、マフラーをセキュリティーチェックの終わった辺りに置いてきてしまった事に気付き、直ぐに戻って探しましたがありません。
係りの人に聞くべきだったのですが、時間が無いのでゲートの方に戻りました。
考えれば考える程、あの時係りの人に聞くべきだったと後悔をしています。
飛行機に乗ってからも諦めきれずに、スチュワーデスにセキュリティーチェックに忘れ物をしたので、取りに行っても良いか、と尋ねましたが、時間が無いので無理、と言われてしまいました。
あの時、忘れ物は3点で、他に帽子と軽いカーディガンでした。
どれも好きだったので、今だに忘れる事が出来ずにいます。
あの場合、あのような小物は大きなバッグに入れた方が良い、という教訓を得ました。

マフラーで冬の襟元のお洒落を楽しむ

木枯らしが吹き始め、そろそろコートの襟を立てて外を歩く人を見かけるようになると、マフラーがお洒落に一役買うようになります。冬のコートやブーツは、シックに決めても見た目に厚ぼったくなりがちです。通勤電車の中でも分厚いコートを着ていては汗だくになりますし、かといって脱いで腕に掛けていては邪魔になります。その点、外の冷たい風を胸元に直接吹き込ませないようマフラーを巻くことで、コートも軽めのもので良い場合もあります。今や都市部では駅から直結の地下道などが発達していますから、通勤途中でそれほど外気に当たらずに済む人も少なくありません。そして襟元を軽やかに見せるには、コートやブーツの色に対して映える色を選ぶと良いでしょう。大抵は首に掛けて垂らせば十分な長さであるため、結び方を工夫すれば同じマフラーでも色々と楽しめます。例えば結び目を大きくして、柄をコートの外に出して見せることもできます。一色のものよりも賑やかな色や柄の組み合わせの方が、一枚でなにかと活躍します。そして素材も、毛糸でザックリ編んだものからウールや綿など様々です。最近は防寒素材の下着も充実しているため、襟元をモコモコにしてコートのボタンを全部合わせると、むしろ暑いぐらいかもしれません。かと言って自転車などに乗る場合には、結び目が解けた場合にそのまま車輪に巻き込んでしまわないよう、あるいは物に引っ掛けて転倒することのないよう、急いでいても十分に注意が必要です。

おすすめWEBサイト 5選

古河 注文住宅

Ocean&Ground

ロサンゼルス留学で口コミのいい学校ランキング

最終更新日:2017/9/8